« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

Lamborghini MurcielagoLP640 原型4

今日犬の散歩がてら裏の川を覗いてきました。
Photo_358Photo_359 

 
 
 

季節はずれのトンボが1匹飛んでおりました。
川に何をしにいったのかと言うと、サケウォッチングに今年初めて行きました。
8月頃から遡上が始まり年明けまで続きますが、今がピークかチョッと過ぎた位ですかね?
時間帯と水量で遡上の数が日によって変わりますが、今日見に行ったのが3時頃
でしたので殆どおりませんでしたが、6匹は確認できました。
70~90cmもある魚が目の前で泳ぐ姿はいつ見ても迫力があります。
この川では特別放流はしていませんので、自然繁殖を繰り返してしっかり定着して
います。
川底には産卵を終え力尽きたサケの姿もあちらこちらに確認できます。
夕方大雨が1時間くらい降りましたので明日の朝は結構な数の
遡上があるのではないかと思います。

ここからチョロネタ!
ムルシー最後のディテールの造形で思いのほか時間がかかっております。
Photo_360Photo_361 

 
 
 

ヘッドライトももっと簡単な物を考えていたのですが、結局金属のパイプを
カットしてリングを作り大小のライト表現、ウィンカー掘り込み・ポジションランプは
0.8mm真鍮線を埋め込んで再現。
複製後は外側のライトはラインストーン、その他は塗装による再現になりますが、
どれもサイズ的に小さい物ですから問題はいであろうかと思っております。
リアはバッテン印をプラ棒を掘って再現それをドリルで開けておいた所へ嵌め込みます。
これにエンビパーツをかぶせるといい感じになるかな?
デカールも考えましたが、先ずは立体表現をしておきダメな時はデカールで!
と考えております。
メッシュ部分はハニカムメッシュをレジンで複製した物を貼り付けております。
メッシュパターンの複製は結構慣れてきました。
雰囲気はバッチリ出ている気がします・・・。
この後少々調節しミラーを作ってサフを吹きます。
上手くいけば明日には複製できるかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

Lamborghini MurcielagoLP640 原型3

昨日はチョロネタやっていませんでしたが、ムルシー残すは
Photo_356Photo_357 

 
 
 

ヘッドライト・レールレンズ・メッシュ貼り・ミラー・ディフューザー・Rバンパーの三角
で終了予定です。
本当であればもっと早くに完成していたのですが、Fフェンダーの上部のライン
が左右で微妙にずれてしまっていて、修正に多少時間がかかっておりました。
KamQムルシーはリアのトレッドは当然のようにワイドな形状で、
左右で2mmは幅増しが必要です。
最近のランボはカラーのラインナップが豊富なので、いっぺんに10色くらい
造ってみようかな?何てことも考えておりますが、予定は未定(笑)
テールで悩んでいましたが、やっぱり内部ディテールを造り込んでエンビのカバー
をつけることにします。
はたして上手くいくのでしょうか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョッと気になる物・欲しい物!01

 ちょっときになるもの・・・
 
これってどう思われます?
我が家にも2匹ワンコはいますが、これはどうかな~。
金額的にもちょっと難しいと思うのですが、もっとお手軽ならかなりの
方が購入するような気がしますが・・・。

 
カウンターを設置したいな~と思い調べていたらありました。
ここでカウンター取得できるのですが・・・ブログの場合どうやったら
設置できるのだろう??
まだよく解っておりません(笑)
でも色々なデザインがあって面白そうです。

これが発売になり気になっています。

 
前回購入したワッパに続く第2弾ランバラル コマンドセット
メインは人!付属品として1/35のザク頭!!かなりリアルでしかもデカイ(笑)
誰かこの頭を使って全身を作ってみようと思う方はいないでしょうかね(爆)

今一番欲しい物は

 
このコンプレッサーが欲しい・・・。
オークションで程度のよい物があればとずーっと見ておりますが、
ここのプライスと変わらない場合が多いのでなかなか買えずにいます。
このコンプレッサースペック的には凄く良さそうで以前から気になっていた物です。
定価は結構お高くて6万円オーバーなのですが、何故かタムタムはコンプレッサーが
安い!?4万以下で購入できます。

 
これもスペック的に気になる新型です、難点と言えば作動音!
上の007はメチャクチャ静かなのですが、これはどうなのだろう?
金額もそれ程変わらずにパワーはこちらの方があります。
近々購入予定ですがまだ悩んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

秋真っ盛り!

今日は作業は余りしておりません。
先日オクに250テスタ出品しておりましたが、無事終了いたしました。
多数のアクセスありがとうございました。
初めての旧車でしたがアクセスは少なめでした、やはり現行車のほうが
人目は引きやすいと言う事なのか、私の作品だからなのかは解りませんが、
旧車も交えながらこれからも造って行きたいと思っております。
いつも感じる事ですが、やっぱり赤が人気No1なのですね~。(笑)

今日は地元の紅葉をチョッと眺めてきました。
いつもなら釣りをしながら徐々に色づいていく木々を眺めておりましたが、
今年は釣りはお休みしておりますので、山に行くのは暫くぶりでした。
Photo_351Photo_352 

 
 

家から車で5分もかからない所ですが、断崖絶壁がきれいに色づいていました、
この断崖には隼?だったか定かではないのですが住み着いているらしいです。
ここはダムの少し上流になるのですが、こんな物が作られています。
Photo_353 

 
 

砂防ダムがあるために魚道が作られています、しっかり機能はしているらしいのですが
・・・どうにもなじめない光景です。
おまけに
Photo_354 

 
 

道路沿いに立派な看板まで設置されております。
私のような凡人には、市の考えることがいまひとつ理解できません。
それでも我が家のワンコたちは大喜びで走り回っておりました(爆)
Photo_355 

 
 

これから作業再開します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

Lamborghini MurcielagoLP640 原型2

ここ一週間ほどで一気に秋が深まってきたように感じます。
Photo_347 

 
 
 

我が家の近所の街路樹もしっかり秋色になり、写真では解りにくいですが裏山も
きれいに色づいております。
明日にでもきれいな写真でも撮りに行ってみようかな?

さて昨日は久々に酔ってしまいました(笑)いつもはビール専門でカクテルは
作る側にいたことはあっても殆ど飲みませんでしたが、一応カクテルパーティー?
と言う事でしたのであれこれ飲んでみましたが・・・やっぱり私の好みではありませんでした。
甘いお酒は基本的に苦手でいつもはビールorワインがメインでお付き合いで日本酒、
焼酎を飲んでいます。
なれないものは飲む物ではないですね~。

本日発売のROSSO&ゲンロク(北海道は遅いのです)早速買ってきましたが、
もうご覧になりましたでしょうか!
今回は制作意欲を掻き立てられる車種が数台ありました。
順次発表していきたいと思いますが、どうして日本では2ドアのスポーツクーペ
が作られないのだろう?確かに国内のマーケットでは難しいのでしょうが、
世界でトップクラスのメーカーに2ドアのスポーツモデルが無い!と言うのは
ある種異常事態に思えるのは私だけ?
何とかがんばって作り続けて欲しい物です(ホンダ 日産ガンバッテ~)

長い前振りになりましたが、作業は進んでおりますよ!
Photo_348Photo_349 

 
 
 

ムルシーはあと少しで完成まで来ています。
明日にはほぼ終了できると思いますが、現在シリコン発注している所で型は
取れません(泣)
ムルシーは一見単純な面構成なのですが、作り始めて気が付く部分がとても
多い車でした。
とにかくポイントは三角形!!ディテールのみならず微妙なラインのつながりで
実はこの面は三角!?と言う部分がいたるところにありどこまで表現できるかは??
ですがそれとなくまとめてあります。

037EVOのグリルガードですが複製上手くいきました。
とは言う物の4回ほどミスキャストしております(笑)
普通にアンダーゲート方式で流すとどうしても数箇所気泡が残ってしまう・・・。
ダメもとで片面の型に流しておいてからもう片面を嵌め込む方法で気泡の無い
複製品が完成しました!
初めての試みですが上手くいき一安心。
レジンの色でお気づきの方もいるかと思いますが、透明ではなくなりました。
物は同じ商品ですが、ようやく問題解決!
これはメーカーでも把握していないようです。
ABの配合比率が10:10(重量換算)だとダメでB剤の方を8~9に抑えると
バッチリでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

今日は・・・。

本日は夕方より外出し先程帰宅。
日本バーテンダー協会 室蘭支部主催のイベントに行ってきました。
普段飲まないカクテルをあれこれ飲んで少々酔っ払ってしまいました(笑)
それまで作業はあれこれしておりましたが、
明日早い時間にUPします。
すみません・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

Lamborghini MurcielagoLP640 原型1

今月も残り僅か・・・今年も残す所あと二月、1年は本当に早い物です。
年内に新作は何台完成できるでしょうか?
最低4台出来れば5台いきたい所ですが車種にもよりそうですね。
バリエーションも考えていますが出来るかな、F40LM P935 FordGTDHG・・・。
F40はさほど時間はかからないで出来るような気がしますが、デカールまで作るとなると
話は変わってきます。
順次手をつけて行こうと思っております。

原型製作中のLP640左右の調整もほぼ終わり大まかなディテールを入れております。
Photo_345Photo_346 

 
 
 

前後バンパーの製作ですが、メッシュパターンを貼り付けるための
段差を掘り下げております。
ムルシーのメッシュは六角の蜂の巣パターンですのでエッチングシートから
型を取ってレジンで複製予定でいます。
問題はテールレンズをどうするか!
本当であればエンジンも再現したかったのですが、車高の関係で余裕が無さ過ぎ
断念、でテールレンズも単純にクリアーレッドで終わらせるか中を作ってバキュームの
カバーをつけるか悩みどころです。
もう少し作業を続けながら結論を出そうと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

寒さにもチョッと慣れてきました。
最近での気温は高くても15度位までしか上がっていないと思いますが、
めざましテレビを見ていても東京でも朝の気温は12度とか言っていましたから、
もう暖かくはないのでしょうね?
天気の良い日に今年最後の焼肉でもやりたいところですね~。

さて本日のレシピはあれこれやっている中でメインは
Photo_344 

 
 
 

037EVO用の追加パーツグリルガード一式とピラーライトポッド?(呼び方不明)
真鍮線で製作していた物を修正をし、リアも追加です。
これを一旦プライマーを吹いて塗装してみます。
出来るかどうか解りませんが型とってキャストしてみます。
今使っているレジンなら、腰もあるので流れてさえくれればいきなり折れたりは
しないのではないかと考えておりますが、なにぶん1mmのラインですので
流れるかどうかが一番の問題でしょう。

ムルシーLP640も半対面のコピーを進めております。
このペースだと今月中に原型の完成は間に合いそうですが油断は禁物!

何故かスコタコがいます(爆)知っている人がどれ位いるのか解りませんが、
20年も前のアニメ ボトムズ のATです。
スケールは1/48ですがチョロと違和感無い大きさですね~。
これを使った改造をやってみようかとたくらんでいる所ですが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

Ferrari 250 testa rossa 完成!

第1弾の4車種が完成しました!
Lf_11Lf_12Lf_13Lf_14 

 
 

ノーマル・’59Le mans・’58Le mans・’58Lagna seca
第1弾はスタンダードモデルですのでエンジンレス、ボンピン等も未装着です。
実車は見たことも無いような車ですが、完成するといい感じですね。
なんか毎度自画自賛モードに突入してしまいますが、
これには神の恵みのホイールが良い味出している事を忘れてはいけませんね。
近々お礼の品発送いたします。
旧車はデカールが複雑ではありませんので、製作していても楽しみながら
作業を進められて良いですね~(笑)
現代のレーシングカーは写真からPSでデータを起こしフルカラー印刷で
デカールを作るのであれば簡単でよいのですが、レイヤーを駆使して
単色合成で作るとなると至難の業になります。
はたしてKamQ初の’50年代のマシンの評価はいかに!?

平行して依頼品 時期新作の作業も進めております。
Photo_343 

 
 
 

あと少しで片面が完成です。
目標は今月中・・・間に合うでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

Ferrari 250 testa rossa 塗装3

ここ数日どうも集中力が落ちています。
作業の進捗具合がいまいちよろしくありません。
気分転換に何かやろうと思っていてもこれといってすることもありませんので、
おのずと作業にむかうのですが・・・。悪循環です。
頭の切り替えが必要なようです。

完成間近の250TRですがウレタンも吹きました!
Photo_342 

 
 
 

デカールを貼るとなんか盛り上がります(笑)
たとえエンブレムだけであっても違う物です、これは造る側でなければ理解できない
感覚でしょうか?
プラモデルでも同じかと思いますが、フルスクラッチは
その喜びと言うか満足度は数倍のものを感じます、パテの塊から形を出し
複製し色を塗りデカールも自作し完成させる、一昔前の自分では考えられない
作業をしていますね。
ウレタンクリアーもまた拍車をかけてくれます。
KamQはウレタンは基本的に吹きっぱなしですが、
少々厚めに塗ればテロン?とした美味しそうな肌になってくれますので
チョロには最適な表現方法ではないでしょうか?
この辺は好みの別れる所ですので、きりっとした切れのある塗装面を望むのであれば
ラッカー系のクリアーで研ぎ出した方がよいですね。
本当は今日完成させてオクに出す予定でいましたが、シャーシの加工と
ホイールなどあれこれやっているうちに時間がたってしまいました、
明日は確実に出品いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

Ferrari 250 testa rossa 塗装2

Ferrari 250 testa rossa ですがあと一息で完成までこぎつけました。
1 

 
 
 

ほぼ細部の塗装も終了し後は多少手直ししてから、デカール貼りに入ります。
明日にはパーツを組み上げてクリアー塗装の予定で行きます。
4パターンのテスタですが今回はストライプは塗装にしてあります。
デカールだとボンネットのバルジ部分でどうしても上から見ると細くなってしまいます。
その分膨らみを上手く作れれば問題ありませんが、結構大変な作業になりますので
素直に塗装と言う手段で行ってあります。
さほど複雑な塗り分けではありませんので塗装の方が結果的に良かったようです。
明日は完成し次第オクに出品予定です。

エスティマ多数のアクセスありがとうございました。
結果はビッグホイールの物はそれなりの評価はいただけていたようですが、
ノーマルは・・・・。
気が向けば完成品の製作はするかもしれませんが、当分はKITのみになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

Ferrari 250 testa rossa デカール

本日は昼から外出しており作業が余り進んでおりませんが、
デカールの製作を勤しんでおります。
Photo_341 

 
 
 

いきなり汚い手書きのデカールの下書き?です。
今回の250TRはバリエーションが多い為、どれが何枚必要になるのか
またそれぞれのサイズをざっと書き出してから、イラレで作っていきます。
1台あたりの枚数はさほど多くはありませんが、Noのロゴがどれも違います。
小さいのでそれほど大きな差は出ないのでしょうが、そこは拘りというか
バカなんですね~(笑)
それでも今回はエンブレムは前回バッチリ作り込んでおいたデータがありますので
コピーして終わりになります。
これだけのバリエーションズラーッと並んだ所を見てみたいですね~。
と言う事はまとめて10台近く造らないといけませんね~。
第2弾でチャレンジしてみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

Ferrari 250 testa rossa 塗装1

北海道は寒くなってきましたよ~。
明日からまた冷え込むらしいですが最高気温で10度行かないのはチョッときついですね。
日中は太陽さえ出ていればストーブ無でOKですが、流石に朝晩は必要です。

暫く振りのワンコネタですが、犬ネコを飼われている方も多いかと思いますが、
皆さんの家のペットはしっかりエサ食べてくれますか?
我が家の2匹は1日に2回ドライフードを与えているのですが、同じ物を続けると
先ず食べてくれません、その為にドライフードは2種類用意していますが、
それでもだめですのでトッピングを用意します。
芋・かぼちゃ・にんじん・大根をみじん切りにして茹でておいた物を混ぜたりしますが、
これが結構手間なんですね。
お手軽なところではヤギミルクの粉末も効果的です。
ところが先日もっと良い物を手にする事ができました!


ここのお店で製造販売している商品で鳥のささ身のジャーキー&ふりかけ
とりあえず登録するとサンプルが抽選?先着順?でもらえます。
人が食べてもOKな商品で2匹に与えると大騒ぎ(笑)
ふりかけをかけるとは今までに無い位の勢いで完食してくれました!!
犬も美味しいのでしょうね、ここまで美味しそうに食べてくれると飼い主としても
安心できます、無添加の加工肉ですので体にも良いのかな?
興味のある方は覗いて見て下さい。

さて本題のチョロですが
Photo_340 

 
 
 

基本塗装は終わらせてあります。
後は細部の塗装をしてデカールを貼ってバキュームパーツを取り付け
クリアーでフィニッシュです。
現在メッシュパターンのホイールも型を取っているところですので、
この後複製に入ります。
デカールも現在製作中!バリエーションは把握しているだけで8種類+α
今回の4台はシンプルに行きます。
3段程度でバリエーション展開予定で進めていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

お待たせいたしました!

2日間もUPしておりませんでした・・・。いや書きたかったんですよ本当は
書きたくても書けませんでした、サーバー?のメンテナンスの為です。
今回は丸2日間も時間をかけての作業・・・長すぎです。

先日告知しておいた京商のポルシェシリーズは皆さん買われましたでしょうか?
いいですね~、934も935もカレラGTもなかなかいい感じですね、
出来がすばらしいかと言えば400円もしない物としてはの範疇ですが、
コレクターでない私はうれしい価格でそれなりの雰囲気を出しているのは◎です(笑)
スペース的にも1/64はお手軽な感じでミニカー入門としてはおすすめですね。
他にもいろいろと活躍してもらえそうな・・・(爆)

オークションにもエスティマ3台出品中です。
国産車でミニバン初めての試みでしたが、
それなりにいい感じになったので良しとしておきます。
完成品は増産するかどうかは未定です。KITは出すと思いますが。

現在の作業中は
Photo_335Photo_338Photo_339 

 
 
 

先ず左から037evoサファリラリーバージョンです。
いつもお取引していただいている方からの依頼で製作開始、
真鍮線を加工して製作中です、曲げ加工がシャープに決まらないため
思い切ってバラバラのパーツをハンダで繋げておりますが・・・
予想通り大変ですね、こての先を何とかしないとやりにくいです。
それでも大体は形になってきましたので、ひたすら修正をするだけですね。

次に中は250テスタですが手始めにエンジンレスのノーマルバージョン
4車種からスタートします!
が新しく使い始めたレジンについて少々補足があります。
このレジンは1次硬化こそ通常のレジンと同様なのですが、
完全硬化までにある程度の時間を必要とします。
前回エスティマの塗装で硬化不良を起こしたのはレジンが原因のようでした、
硬化途中でまだ中から溶剤が僅かながら出てきていた為に起きたようです。
起きた場所はカッターで削った部分の下側です。
シリコンと接していた部分は問題なく後で加工した所だけそのようになっておりました。
実は今日メーカーに問い合わせてみて解ったのですが、硬化を促進する為に
儀式が必要です。
まず祈る(笑)は冗談ですが撹拌をとにかくしっかりと行う事!
ボトルの状態でシェイクしてからカップで重量で計量します。
計量後はAB剤を合わせ撹拌、それを新たなコップに空け再度撹拌。
その後型に流します、25度で30分で硬化しますがこの時点でまだ柔らかいです。
もう15~20分後に脱型します。
80~90度のお湯につけます約3~5分、冷水で冷やします。
注型の際シリコン型を50度程度に温めておくと時間は短縮できます。(縮合タイプは×)
これがメーカー推奨の完全硬化複製マニュアル!!
チョッと面倒ではありますが確かに質の良い物は出来そうです。
あれこれ試した結果、私の場合注型後加圧脱泡します(30分)
その後乾燥機にぶち込みます(15分)これだけでも良い感じになってきました。
ですがチョッと手間ですが抜けた物に関しては嫌いではないですね。
とりあえず続きに入ります。

最後に右内緒です・・・っていうかもうバレバレかな(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

エスティマ 残すは・・・

毎日時間がたつのが早いです、今月も既に16日明日は17日・・・
明日は朝からコンビに巡り(笑)何の日かお分かりの方も多いかと思いますが。
結果は明日のブログにて!

今日は朝からバキュームと戯れておりました。
エスティマ&250テスタ分です、テスタのほうの型を作ってからまとめてやっていたのですが
どうもバキュームの理屈を理解していない、温めたエンビを掃除機の吸引で
オス型に密着させるのが基本原理なのは解っているのですが、
バランスのとり方が上手くいっていません。
先日もん太さんともお電話でお話したのですが、私の造ったものではBOXの容量が
足りないのかもしれません。
熱し方が足りない事は無いとは思います、焦げる手前まで熱しても結果は同じですから。
レンズカバーを抜くのには問題はないのですが、250テスタのFウィンドウシールドのように
回り込んだ物の場合明らかにサイドの部分があまい物しか出来ませんでした。
あきらめてヒートプレスで搾り出しましたが、早急にバキュームBOXを作り直す必要が
あります。

でタイトルにもあります エスティマ君!!
Photo_333Photo_334 

 
 
 

造った本人が一番驚き かっこいいじゃん(爆)
このホイールもろはまってますね~。
なかなかどうして出来上がってみると良い雰囲気出しています
(ひたすら自画自賛)
後はウレタンを吹いて終わりです!!
ドアミラーも用意していたのですが、ないほうがかっこいいので今回は
つけるのはやめます。
明日にはオクに出動します。(ちなみにこのホイール履いた物は1台のみの出品です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

Ferrari 250 testa rossa 増殖中!

Ferrari250testa rossa地道に複製をしております。
Photo_331 

 
 
 

じゃんじゃん抜いていきたいところなのですが、ショートパーツ(小物類ですね)
の方がなかなか上手く流れてくれずに3回ほどミスキャストになってしまいました。
細かい部分が多く余りごつい流路はつけたくなかったために、
始めはかなり細めにしておりましたが案の定失敗、少しずつ様子を見ながら
太く掘り直してどうにか流れてくれるようになりました。
新しく使っているレジンですが完全硬化すると密度間が高くなめらかで、
強度もありそのくせ僅かながら柔軟性も持ち合わせている性質のようで、
感じは良いのですが、いかんせん完全硬化までの時間が長い!!
乾燥機に入れて約60度にして1時間は放置しておいた方がよさそうです。
抜いた直後は若干透明度がありますが、乾燥機から出した物は白濁した
ようになります。
まだ完全に把握しきっていませんので何とも言えませんが、もう少し違うタイプも
そのうち試してみようかと思います。

塗装中のエスティマもあと少しで完成まできております。
Photo_332 

 
 
 

クリアーカラーも終わりセミグロスブラックも終了です。
この後デカールを貼って明日ヘッドライトカバーをバキューム取り付けし、
ウレタンを吹きます。
今月は後もう1台新作を完成させます。
まだ途中ですが近いうちUPできる所までいけるかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

エスティマ 再塗装

先日エスティマの塗装をした所硬化不良を起こすと言うトラブルに見舞われましたが、
再塗装をしました。
Photo_330 

 
 
 

ブラックとパールホワイトの予定でしたが、いまいちパールホワイトが気に入らなかった為
色換えしてしまいました(笑)
ピンクとパープル・・・殆ど族車みたいになってしまいました。
ピンクはポルシェのピンクのような感じでとってもきれいな色目になりました。
個人的に気に入っています。
これからテールレンズ部分等細部塗装を施しデカールを貼って(デカールまだ作っていませんが)
来週の火曜日くらいには完成するでしょう!先生待っててくださいね~!!

フェラーリはただ今最終の型を取っているところです。
今回型は3つにもなってしまいました、シリコンだけで1次原型分も入れると
700gは使っていますね~。はたしてがんばってくれるのでしょうか??
上がり次第早速複製しま~す。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ドナドナド~ナ~ド~ナ~♪

夕方チョッと出かける事になり作業は余り捗っていませんがついでに寄り道を・・・
Photo_329 

 
 
 

ここ2週間ほどで何とかドナーチョロの確保を遂行しております。
それでもキャリー2種 アルファード ライフ をあわせても現在手持ちで
30台程度しかありません。
他にもフラットモーターのシャーシが40台 その他60台程度ありますね。
基本的にコレクターではないので手持ちのチョロは必要とあれば全てドナーに
なりえます。
私の近所6店舗ではもう上記3車種は欠品状態です。
チョロの仕入れは単品では出来ない仕組みなのでしょうかね?
どこで聞いても特定車種の取り寄せは出来ないと言われます。
不思議なシステムのようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

Ferrari 250 testa rossa ついに病魔が・・・

内部再現に勤しんでおりましたが、私にも病魔が襲ってきたのかもしれません(笑)
やり始めると楽しくなってきました。
Photo_327Photo_328 

 
 
 

現在の私のレベルではこの程度でしょうか、
ワンオフで作るならもっと造り込みたい所ですが複製の事を考えると
この辺りで妥協しておかないと後で泣きを見そうなのでやめました。
後サフを吹いてチェックをしたら完成です。
エンジンも昨日の写真と比べるとチョッとはらしく見えるようになったかと・・・。
燃料タンクもちょいとディテールを入れておきました。
スペアタイヤも載せたかったのですが、スペース的に無理があったので
やめました。
結局前部で12パーツ!これにバキュームでレンズカバーとウィンドシールドが付き、
レンズパーツが×4 後はデカールでフルキットとなる予定です。
金額もチョッとUPしないと厳しいですね~。
はたして欲しいと言う人がいるかが問題ですが・・・(爆)
また夜にでも追加できたらUPします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

Ferrari 250 testa rossa エンジン

F250TR 昨日複製とっていたものの加工を始めました。
Photo_325Photo_326 

 
 
 

1台はボンネットとトランク部分をマイクロモーターにてくり抜きました。
もう1台からフードパーツの為にバラバラにして0.5mm程度まで削り込みました。
かなり透けています(笑)
エンジンブロックはレジンブロックから削りだしで外形を製作中です。
ファンネル部分は真鍮パイプをハンダ付けしてからブロックに穴を開け
はめてあります。
まだ作りこみが足りないようで、?な出来です。
トランク内には燃料タンクとスペアタイヤが入りますがそこまでできるかどうか・・・。
開閉は出来ません、実車もただ単に外装パーツとして上からかぶせて
ベルトで止めているだけ?のような作りのようです。
何とか今日中に燃料タンクまでは完成させてたい所です。
ちなみに予定では内部まで再現しワイヤーメッシュタイプのホイール(もん太謹製)
を履かせた物をHGタイプとし
レスモデルはノーマルとして完成させる予定でいます。
もしかしたら先にノーマルモデルを完成させるかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

Ferrari 250 testa rossa いきなり複製

Photo_324 

 
 
 

珍しく写真からスタートです(笑)
昨晩原型が終了した所ですが、複製品があります。
これが出来るのも速攻硬化のシリコンのおかげですね~。
オス・メスの分割線をどうするか!?チョッと悩みましたが大丈夫だろう!
と自分に言い聞かせ完全に腹の下で分割してあります。
写真では見えにくいですが解りますか?
この車のFフェンダーはタイヤの裏へなだらかに入り込む形ですので、
通常の分割ではボディー表面にラインが入ってしまいますが高強度シリコンのおかげで
そこは無視!!完全にフェンダー上部はシリコンの中に入り込む形でメス型が
出来上がります。チョッと取り出しにくいですが、問題なく抜けてくれます。
おかげでボディー表面は荒らすことなく抜くことが出来ました!
若干無理はかかるのでどれだけ抜けるかは解りませんが、まあ良しとしておきましょう。
その他のパーツはまだ型は取っていません、この複製は一次原型として、
これからボンネットとトランクを別パーツ化します。
エンジンの再現は上手くいくでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

Ferrari 250 testa rossa 原型完成間近!

どうにか予定通り完成を迎えられそうです。
Photo_322Photo_323 

 
 
 

ほぼ表面処理も終わりそれらしくなってきました。
後数箇所手を入れなくてはいけませんが、大きな修正ではないので
さほど時間はかからないでしょう!
デカールも作らなくてはいけませんが、今回は非常に単純な物ですので
気が楽ですね(笑)
いつもフルスクラッチをしていて難しい所は、左右対称!
もん太式作業台を手にしてからやりやすくはなった物のその台にシャーシを
固定する段階で微妙なズレが発生しがちです。
センターに穴を開ける!これが難しい、シャーシという立体物にセンターラインを引く
この段階で0.1mm程度のズレはありがちです(私だけ?)
今度はセンターに穴を開ける ここで垂直に穴が開かないとネジを絞めたときに
0.1mmのズレこれが同じ方向だと0.2mm片側に寄った事になります。
ですが0.2mmのズレは結果0.4mmのズレになってしまいます。
理屈はトースカンを使うとよく解ります。
センターラインからの長さでラインを引いている訳ではなく、底面からの高さで
ラインを引いていますのでこんな結果になります。
これがなかなか気がつかない(笑)
最後のディテールを入れだすとアレッおかしい!!!!!!!!!
ってところが所々に出てきます。
この点で丸みのある車はまだ修正は楽なんですね、直線主体の車だと致命傷
の場合もあります、また逆戻りを余儀なくされてしまいます。
直線は誤魔化しが効かないうえきっちりとラインを押さえないとおかしな造形に
なってしまいます。
私個人としては丸みのある車が好き!(爆)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

Ferrari 250 testa rossa ショートパーツ完成

今日は比較的暖かい一日でストーブは必要ありませんでした。
昨日 考えさせられる事が起こりました。
交通安全!模範的なドライバーとは決して言えませんが、本当に気をつけなくては
ダメだなと・・・。
全国紙でも記事として掲載された事故が昨日ありました。
車同士の正面衝突で2人死亡5人重軽傷という大きな事故です。
それが隣の家の方なのです。
私自身それ程お付き合いがあるわけではありませんが、昨日の朝までは
元気だった方が急にいなくなると言うこと・・・これが身内ならば尚の事です。
ちょっとした不注意でいつでも起こりうる事です、自分は大丈夫は絶対にありえません。
皆様も人事とは思わずに気をつけましょう!

Ferrari 250 testa rossa いいところまで進みました。
Photo_321 

 
 
 

ショートパーツだけで7点にもなってしまいました。
これから複製をとった後にボンネットとトランクも別パーツにする予定ですので
9パーツ+アルファ型を作るのが大変そうです(笑)
マフラーのテールエンドがメガホンタイプなのでどうした物かと考えましたが。
結局真鍮版を丸めて半田で固めた後に整形と言う何ともおかしな方法を
取ってしまいました、本当は旋盤でちょいちょいっとやりたいところですが
そんな便利な道具も無く、リューターで削るにしてもちょうどよい物が
手元に無く、あるものでやったと言う訳です。
おかげさまで余り褒められたできではありません(爆)
後残すはテールレンズだけです光効果パテを盛り付けて削り出す予定です。
今日中にサフ吹きまで終わらせて、明日表面処理で完成!!か。
一応予告どおり10日の原型完成は達成できそうな予感です。
今回は比較的ゆっくりと作業を進めたのですが、おそらく根をつめてやると
1週間あればある程度は形に出来そうな気がしています。
難しい物はそうはいかないでしょうが・・・。
以前に比べスピードアップしてきておりますが、一番の理由はマテリアルと道具
後は慣れ?
今使っているパテはポリパテよりはるかに扱いが楽で最後の表面処理の
作業は1/3程度の労力で済みますし光効果パテとの相性が抜群に良いです。
薄付けした部分も一度も剥離しませんでした!
それでは作業続行します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

Ferrari 250 testa rossa ショートパーツ2

今日のF1JPGP見ましたか!?何とも残念な結果になってしまいました。
まさかのMシューマッハのリタイヤ・・・これでチャンピオンの可能性が限りなく
少なくなってしまいました。
最終ブラジル戦 サプライズでも起こらない限り難しいのではないでしょうか。
トヨタ ホンダ共に予選グリッドを死守できずに中途半端なリザルトでしたね。
ホンダは自力優勝はまだチョッと無理そうですね、明らかに戦闘力不足としか
言いようのない差を空けられています。
唯一救いなのは佐藤琢磨が検討したことでしょうか?明らかに時代遅れの
中古のマシーンで15位、確かに良い成績では無いですが車のポテンシャル以上
のリザルトでしょう!(でもチョッと喜びすぎですね~もう少しさりげない喜び方の方が
かっこよかったかな?)

北海道 いきなり寒くなってきました!昨日からストーブを焚いています。
日中でも部屋の中は1度しか上がらず長袖を着ていてもちょっと切ない温度です。
ストーブを焚いているといつの間にか
Photo_319 

 
 
 

こんな所で寝ています(笑) まるでネコのようですね~。
鼻が乾燥するまでストーブの前から離れません、困ったやつらですが
2匹揃ってこうしていると微笑ましくなってしまう私です(結構犬バカ?)

本題のチョロ
Photo_320 

 
 
 

ここにきて余り進まなくなってしまいましたが、あと一息で小物は完成します。
ウィンドウステーも小さく薄くし、メーターパネルも彫りました。
シフトノブは真鍮線に半田で玉を付け磨いてあります。
厄介なのがステアリング、他のミニカーから移植しようと考えていたのですが
Y字3本スポークの物が無くプラ版でスポーク部分を造ろうかと考えていたのですが
複製を取る段階で確実に破壊しそうなので、真鍮線を半田で加工してみました。
半田ごてを使うのは何年ぶりになるでしょうか?
持っている半田ごての先はそれ程細い物ではなく使いにくそうなので、
削って細くしてから作業開始!
それでも使い慣れていないのと、半田の特性を理解していない為にかなり苦戦しました。
なかなか思うようにつながってくれません(泣)
3回ほど失敗しましたが、どうにかリング・スポーク3本・シャフトの5つのパーツを
つなげ合わせ、マイクロモーターでチマチマと整形を施しました。
余り良い出来ではありませんが、強度的には問題はなさそうなのでまた今度
チャレンジしてみます!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

Ferrari 250 testa rossa ショートパーツ

F1JPGP いよいよ明日決勝です!
本日の予選は見ることができませんでしたが、結果を見るときれいですね~。
しっかり列ごとのグリッドに分かれています(笑)
流石は日本のメーカーBSですね、はたして決勝ではこう上手くいくのか!?

ディテール作業に入ったテスタですが、いよいよ難関に差し掛かりました。
Photo_317 

 
 
 

今回はエポパテメインで削りだしの造形にチャレンジしております。
ルーペを覗きながらマイクロモーターで削っておりますが・・・難しいです。
細かい分にはまだ視力的に余裕があるので時間をかければある程度の形に
なってくるのですが、サイドのマフラーが厳しい~!
1in2でサイド部分では上下にパイプが二本で90度ひねりながら
リアタイヤの前から車体下部に入りリアへという構造なのですが。
いかんせんチョロの場合ロングホイールベースとは言っても10mmしかありません。
そこにこの厄介な形状を詰め込むのは・・・。
それでもなんとなくは見られるようになったかな?
車体下部のストレート部分は1.5mmのプラ棒で
それから前の部分はエポパテ(タミヤ)です。
もう少し手直しして、反対側も削りだします。
Fウィンドウを固定する部分もエポパテですこれからもっと薄く小さくしていきます。
あと一息だ!

PS エスティマ君 塗装乾燥中でしたが・・・失敗!!!!!!!
原因不明の硬化不良、今回モデラーズの塗料で塗っていたのですが下回り
の部分が全く乾燥しない状態でいつまでもべとつきが残ったままでした。
こうなったら前部剥離して塗りなおした方が早いと言う事で現在裸の王様状態です。
明日からまたやり直します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

Ferrari 250 testa rossa 原型02

F1GPまで後2日!!
楽しみですね~。当然TV観戦ですが(笑)
ここでアロンソがリタイアなんて事になるとMシューマッハのチャンプが
決まってしまいます、それでは面白くない。
やっぱり最終戦で1ポイント差で優勝!!と言うのが一番ドラマティックな展開では
ないでしょうかね?

現在製作中の250testa rossaは1959年のル・マン出場車をモチーフに
作業を進めております。(チョッとの違いで結構バリエーションがあります)
ちなみにこの車は3時間でリタイアになっています。
Photo_316 

 
 
 

結構進みましたね~、ヘッドライト周りが出来上がると一気に進んだ気がします(笑)
コクピット内は別パーツとしてエポパテから削りだしています。
ここまでは順調ですがコレからが問題です。
1 ウィンドウスクリーンの基部をどう表現するか
2 マフラーを何で作るべきか

先ず1についてですが、スクリーン自体はバキュームで造るにしても
ボディーとの接合部のシルバーのパーツをどうするか・・・。思案中です
次に2のマフラー この車Fタイヤの後ろから出てきてサイドシルを通り
リアタイヤ内側に入り込んでリアに抜けるという何とも厄介なつくりになっています。
コレが無いとやっぱりおかしいですからね~何とかやってはみますが上手くいくかな?

とりあえず作業を続けます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

Ferrari 250 testa rossa 原型

ただ今KamQ KITをオクに出品中ですが、
多数のアクセス並びに入札ありがとうございます、予想外の反響にチョッと驚いております。
本当はもっと色々と出して行きたいのですが、段取りが悪く思うようにいっていないのが
現状です。
これからは完成品はもちろんですが、KITも出来る限り(希望される方がいる限り)
ご用意させていただきます。
それに伴うグレードも僅かづつですがUPしていきたいと思います。

話は変わりますが皆さんはプリンターのインクはメーカーの純正品をお使いですか?
私も以前までは純正品オンリーでしたが、値段につられ補充タイプのインクを
購入しました。
私の使っているプリンターは4色インクのタイプで通常バラで買うと3500円程度は
掛かりますが、補充タイプだと3000円もしないで2回分のインク量です。
マゼンダとイエローがなくなった為この2色からインク補充、シアンはそのまま。
印刷すると色が少々おかしいのですが、とりあえずそのまま使っていました。
先日印刷してみると見事にシマシマ!!
ヘッドクリーニングしても直らず時間を置いても直らず・・・。
コレはシアンだけ純正品のせいかと思い、これも補充品に交換。
印刷してみるとあいも変わらずシ~マシマ。
その後何をしても直りませんでした、どうやらヘッドがご臨終のようです。
安物買いの銭失い・・・ヘッドカートリッジ3800円也(悔しい~!)
全ての商品がこうなるとは思いませんが、
もう2度と補充インクなんて絶対に買わないぞ~!
このようなトラブルは他にもあるのだろうか?

本題のferrari250testa rossaですが基本形状出しはあらかた終わりました。
Photo_315 

 
 
 

サフも吹いて見やすくなりましたので、最チェック後ディテールに入ります。
結局コクピット部分はくり抜いてしまいました。
原型を造る段階でもそうですが、塗装が大変になるだろうと思い別パーツにします。
深さがないのでたいした物にはなりませんが(笑)
2次原型でエンジンを造る予定なのだがこの薄さで可能かどうか微妙な所です。
リアのトランク部分(燃料タンク&スペアタイヤ)も予定しています。
最悪中は造れないまでもボンネットフード&トランクフードを別パーツにしておくと
バリエーションが出来るかな?と考えている訳です。
計画通りに進むかどうかは当然未定です(爆)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

エスティマ 本塗装

昨日、風邪の初期症状?がみられたが どうにか悪化もせずにしのいでいます。

風邪と言えば今から6年程前ですが、風邪をひき39℃近い熱が出て病院に行きました。
とりあえずこの薬で様子を見て下さいと投薬のみ・・・何故だろう?
当然のように仕事を休める状況でもなく熱の下がらぬまま1週間、
再度病院へ じゃあ今度はもっと強い薬で とまたしても投薬のみ・・・大丈夫かこの病院。
変わらぬまま1週間、おかしいですね~(医者が言う)今度は薬を変えてみましょう。
またかよ、流石に温厚な私も頭にきて医者と一悶着の末、病院を変える事にしました。
ここまでで38℃以上の熱のまま1月余り、体に2cm台位の赤い斑点が出てきました!
違う病院に行くと、その場で 今すぐ入院です!これ以上放っておくと命に関わります!
なに~!!!で結局それから1月半の入院生活を強いられました。
風邪が元で 敗血症 になってしまったんです。
お仕事の忙しい皆さんもたかが風邪と言わずに早急に良い病院で治療を受けましょう!

本題ですエスティマ君いよいよ本塗装に入りました。
Photo_313 

 
 
 

まだ乾燥中ですので手をつけれませんが、明日には全体を研ぎだして
細部の塗装にも着手していきます。
ボディーの塗装も近いうちにウレタンに変更予定です。
ウレタンにするとたぶん研ぎ出しは殆どいらなくなると思いますので、
ペースが上がるかな?乾燥が速いのでそれだけでも価値ありますけどね。
Photo_314 

 
 
 

ようやく左半分の形状が決まった!コレに合わせて右半分も整形します。
まだ修正箇所は出てくると思いますが、最も問題なのは・・・。
色々と厄介なパーツを作らないといけませんので、気合を入れなおそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

エスティマ 窓塗装

今日からミツオカのオロチの受注開始しましたね~。
かなり色々なメーカーのパーツを使って生産されるらしいですが、
ALLハンドメイドの限定400台 来年の1月から引き渡しになるらしいですが、
400台目の方は4年後納車・・・ちなみに価格は1050万円也!
コレを高いと見るか安いと見るか判断が分かれそうですね。
エンジンはハリアーのV6 3リッター(たしか)233ps チョッと物足りないのでは?
今日はオロチのサイトメチャクチャ重いです(笑)

順調に作業を進めているエスティマ君 窓の塗装が終りました。
Photo_311 

 
 
 

ピンが奥に行ってしまいました。
今回から窓のスモークのカラーを少し変えました。
クリアーのグリーンとブルーを混ぜてあります。
今まではスモークにブラックを混ぜていましたので、薄めのところは茶色っぽく
なっておりましたが、今回はグリーンぽくなってます。
余りグリーン過ぎるのもなんなので濃い目に吹いてます(グラデーションで無い!笑)
明日からボディーの塗装に入ります、予定はPホワイト ブラックそれぞれ2台
でそのうち2台は行き先が決まっておりますのでオクには今の所2台のみ。
この手の車はどれくらいの方が見てくれるのか解りませんので、
余りにも見てくださる方が少ないようだとコレで完成品は終わりです。
Photo_312 

 
 
 

明日から KIT数点出品いたします。
KamQのKITどうなのかな?インストがまだ無いどうしよう・・・。

チョッと風邪ひきかけたようでなんかすっきりしません。
でもまだ寝ません(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

マッハ号(爆) 続き

今日シリコンやレジン等を扱っている業者の方と話をした。
(先日は割高なのは解っていながら、一般のショップから取り寄せておりました。)
業者の方にしてみると迷惑な話かもしれませんね、大量生産をしている訳でも
ありませんし、マテリアルとして販売もしていませんので・・・。
今後マテリアルの販売も視野に入れて聞くだけ聞いてみよう!と電話をしたのですが、
確かにかなり安く入手可能ではあります。
ただし安くする為には箱単位での注文になります、当然と言えば当然のはなしです。
現在HPもまだ出来ておりませんので、一般に販売と言うのはチョッと(かなり)
無理があります、仲間内で使う方がいれば現状でも可能ですが・・・。
まあ今後の課題ですね、他にもいろいろ検討中のものもありますので
おいおい発表できればと思っております。

今日はあれこれと手をつけているので明確に進んだ物はありませんが、
とりあえずコレ
Photo_310 

 
 
 

余り変化がありませんが、250testa rossa 前後フェンダーのラインを若干変えてあります。
左右もそこそこ合わせてありますので基本形状は一気に行きたいですね~。
作業をしていて感じるのが、このパテ(エポレジンパテ)と光硬化パテは結構相性が
良さそうです、今まで足つけの為に穴をたくさん開けてから盛り付けていました、
ですが今回はそのまま盛り付けてみました、今現在薄い部分も剥がれていません。
このまま順調に行ってくれるとありがたいですがまだ油断は出来ません。(笑)

エスティマ君はサフ吹き後数箇所あった気泡の処理をしてドアミラーの複製中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

マッハ号(爆)

次回作もそれなりに進んでおります。
1月に最低2作品できれば3作品を新規投入させるべく、あれこれ試しながら
作業を進めております。
Photo_308 

 
 
 

ん~マッハ号(笑) 今日はせGさんが同じマッハ号を完成させたとの書き込みを頂いた、
はせGさんとは今日が初めての交流?ですが、同じ車種を手がけていると聞き
親近感がわいてしまいました、これからもよろしくおねがいしま~す!
これは 250testa rossa50年代のフェラーリですね。
いろいろなバリエーションがあり楽しみな車です。
何故いきなりこのクルマなのか!このノーズのデザインに惚れました!ただそれだけです。
実車については手持ちの資料に書いてある事ぐらいですね。
コレはKamQ初のオープンカーその為にフラットモーターのシャーシを使います。
造形に関して色々アイデアを出さないと難しそうではありますが、
今のところは順調です。
原型完成は10日前後を目標に進めます。(無理かな・・・)

複製中のエスティマですが一先ず終わりにしました。
国産ミニバンがはたして人気があるのか無いのか?全く解りませんので
余り多くは抜いていません。
Photo_309 

 
 
 

この車種からレジンを変えたことは昨日も書きましたが、チョッと謎が出てきました。
写真を見ていただけると解るかと思いますが、透けています。
不透明な物と若干透明な物が混在します。
何が原因なのかまだ解っていません解りましたらご報告はしたいと思います。
昨晩抜いてあった物を計測しました。
約20時間経過の段階で L0.5% W0.4% H0.2%の収縮です。
まだ完全にモノマー溶剤が抜け気ってはいないと思いますが、
まあまあな数値でしょうか。
今晩は中国GP Mシューマッハは勝てるのか??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »