« Ferrari 250 testa rossa ショートパーツ完成 | トップページ | Ferrari 250 testa rossa いきなり複製 »

2006年10月10日 (火)

Ferrari 250 testa rossa 原型完成間近!

どうにか予定通り完成を迎えられそうです。
Photo_322Photo_323 

 
 
 

ほぼ表面処理も終わりそれらしくなってきました。
後数箇所手を入れなくてはいけませんが、大きな修正ではないので
さほど時間はかからないでしょう!
デカールも作らなくてはいけませんが、今回は非常に単純な物ですので
気が楽ですね(笑)
いつもフルスクラッチをしていて難しい所は、左右対称!
もん太式作業台を手にしてからやりやすくはなった物のその台にシャーシを
固定する段階で微妙なズレが発生しがちです。
センターに穴を開ける!これが難しい、シャーシという立体物にセンターラインを引く
この段階で0.1mm程度のズレはありがちです(私だけ?)
今度はセンターに穴を開ける ここで垂直に穴が開かないとネジを絞めたときに
0.1mmのズレこれが同じ方向だと0.2mm片側に寄った事になります。
ですが0.2mmのズレは結果0.4mmのズレになってしまいます。
理屈はトースカンを使うとよく解ります。
センターラインからの長さでラインを引いている訳ではなく、底面からの高さで
ラインを引いていますのでこんな結果になります。
これがなかなか気がつかない(笑)
最後のディテールを入れだすとアレッおかしい!!!!!!!!!
ってところが所々に出てきます。
この点で丸みのある車はまだ修正は楽なんですね、直線主体の車だと致命傷
の場合もあります、また逆戻りを余儀なくされてしまいます。
直線は誤魔化しが効かないうえきっちりとラインを押さえないとおかしな造形に
なってしまいます。
私個人としては丸みのある車が好き!(爆)

|

« Ferrari 250 testa rossa ショートパーツ完成 | トップページ | Ferrari 250 testa rossa いきなり複製 »

コメント

あきひろさん
させるなんて横柄な態度とったらダメですよ~(爆)
していただくという低い位置からソフトに脅してください!
はっしーくん
左右両方同時進行なのね?
私のは見ていただいたとおりあくまでも左右どちらかのみの
作業がファーストステップです、
いい感じ!と言う段階でトースカンでひたすらあたりをつけて
合わせると言うやり方なのね、丸い所はもちろん指先確認は必要ですが、
目だけで形状を合わせるのは至難の業!
目で確認するのは合わせ始めの荒削りと最後のチェック
にしています。

投稿: KamQ | 2006年10月11日 (水) 00時59分

私は目と手で触った感じで左右対称にすると言う事をやってます。 軽く無謀。
どの車も苦手です 
もうちょっと削った方がいいかな~って削って
翌日パテを盛ってます(笑)
微妙な調整ができないようです。。。
固定する台作ろっと

投稿: はっしー | 2006年10月11日 (水) 00時24分

結婚しました!これから大変?になりそうです。
チョロQを理解させることが難解です。

投稿: あきひろ | 2006年10月11日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87145/3762426

この記事へのトラックバック一覧です: Ferrari 250 testa rossa 原型完成間近!:

« Ferrari 250 testa rossa ショートパーツ完成 | トップページ | Ferrari 250 testa rossa いきなり複製 »