« エスティマ 残すは・・・ | トップページ | Ferrari 250 testa rossa 塗装1 »

2006年10月19日 (木)

お待たせいたしました!

2日間もUPしておりませんでした・・・。いや書きたかったんですよ本当は
書きたくても書けませんでした、サーバー?のメンテナンスの為です。
今回は丸2日間も時間をかけての作業・・・長すぎです。

先日告知しておいた京商のポルシェシリーズは皆さん買われましたでしょうか?
いいですね~、934も935もカレラGTもなかなかいい感じですね、
出来がすばらしいかと言えば400円もしない物としてはの範疇ですが、
コレクターでない私はうれしい価格でそれなりの雰囲気を出しているのは◎です(笑)
スペース的にも1/64はお手軽な感じでミニカー入門としてはおすすめですね。
他にもいろいろと活躍してもらえそうな・・・(爆)

オークションにもエスティマ3台出品中です。
国産車でミニバン初めての試みでしたが、
それなりにいい感じになったので良しとしておきます。
完成品は増産するかどうかは未定です。KITは出すと思いますが。

現在の作業中は
Photo_335Photo_338Photo_339 

 
 
 

先ず左から037evoサファリラリーバージョンです。
いつもお取引していただいている方からの依頼で製作開始、
真鍮線を加工して製作中です、曲げ加工がシャープに決まらないため
思い切ってバラバラのパーツをハンダで繋げておりますが・・・
予想通り大変ですね、こての先を何とかしないとやりにくいです。
それでも大体は形になってきましたので、ひたすら修正をするだけですね。

次に中は250テスタですが手始めにエンジンレスのノーマルバージョン
4車種からスタートします!
が新しく使い始めたレジンについて少々補足があります。
このレジンは1次硬化こそ通常のレジンと同様なのですが、
完全硬化までにある程度の時間を必要とします。
前回エスティマの塗装で硬化不良を起こしたのはレジンが原因のようでした、
硬化途中でまだ中から溶剤が僅かながら出てきていた為に起きたようです。
起きた場所はカッターで削った部分の下側です。
シリコンと接していた部分は問題なく後で加工した所だけそのようになっておりました。
実は今日メーカーに問い合わせてみて解ったのですが、硬化を促進する為に
儀式が必要です。
まず祈る(笑)は冗談ですが撹拌をとにかくしっかりと行う事!
ボトルの状態でシェイクしてからカップで重量で計量します。
計量後はAB剤を合わせ撹拌、それを新たなコップに空け再度撹拌。
その後型に流します、25度で30分で硬化しますがこの時点でまだ柔らかいです。
もう15~20分後に脱型します。
80~90度のお湯につけます約3~5分、冷水で冷やします。
注型の際シリコン型を50度程度に温めておくと時間は短縮できます。(縮合タイプは×)
これがメーカー推奨の完全硬化複製マニュアル!!
チョッと面倒ではありますが確かに質の良い物は出来そうです。
あれこれ試した結果、私の場合注型後加圧脱泡します(30分)
その後乾燥機にぶち込みます(15分)これだけでも良い感じになってきました。
ですがチョッと手間ですが抜けた物に関しては嫌いではないですね。
とりあえず続きに入ります。

最後に右内緒です・・・っていうかもうバレバレかな(爆)

|

« エスティマ 残すは・・・ | トップページ | Ferrari 250 testa rossa 塗装1 »

コメント

大変と言うか、銅線で充分だと思うのですがね~。
真鍮線使う意味が余り無い一度曲げると修正は出来ないし。
缶塗料はボンベを温めて圧を上げてやると玉になりにくく
キレイなミストになるのですね~。
その分塗料も多く出るので厚塗りには要注意です。

投稿: KamQ | 2006年10月19日 (木) 23時56分

病気かと思いました(爆)
真鍮線を窓枠にするっていうのは大変でしょうか?
なんか硬そうですし。。。
儀式あるんですね~ サフを吹くときに缶をお湯に付けた事があるんですが何か綺麗にできた気がします(多分気のせい?笑)
右のは・・・ 何だろ?(←引っかかってみる 爆)

投稿: はっしー | 2006年10月19日 (木) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/87145/3887737

この記事へのトラックバック一覧です: お待たせいたしました!:

« エスティマ 残すは・・・ | トップページ | Ferrari 250 testa rossa 塗装1 »