« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月28日 (日)

自作チョロQ Mclaren P1 07

秋本番、週末の天候はあいにくの予報でしたが両親を連れて紅葉見物のドライブを
してきましたよ。
121007 121009 121012
大滝村 三階滝 公園が整備されていてカナダとの交流のトーテムポールなんぞが
あったりします。
その後きのこ大国に行き昼食をとりましたが、
時々TVでも取り上げられているせいか凄い混雑・・・(lll゚Д゚)
半日程度のドライブですが、引きこもりの私には良い息抜きでした。

さて マクラーレンP1 の続きです。
前回ほぼ終了となっていたパーツ製作でしたが、
残りのドアミラー ホイールまで製作しましたよ~。
21
ホイールも10本スポークで何か使えそうな物はあるかな?
と考えましたが、考えるくらいなら造ってしまった方が早そうなので
イラレでデザインしてからレジンの塊からチマチマ掘り起こしました。
コレでどうにかパーツも揃いましたので、型取り 複製へと進みます。
微妙に進行が遅れているのは、
実はマクラーレン F1も同時リリース予定していたためです。
コチラはRYUSEN MODELSの原型ですが、
そのままではHGKITとしてのリリースが出来ない為に、足りない部分の
補足をやっておりました。
予定より遅れておりましたが、コチラもあと一息です。

お楽しみに~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

自作チョロQ Mclaren P1 06

秋ですね~ようやく道南地方も紅葉の見頃になってきました。
朝晩の気温は一桁 低い所は氷点下になっている所もあります、
ストーブはかかせません。

では Mclaren P1の続きです。
別パーツ部分の製作に入っていましたが、
ほぼいいところまで出来上がっています。
20
カーボン柄の部分は別パーツとして、塗装の際のマスキングの手前を軽減しています。
ルーフ サイドウィンドウ周りなどにもカーボン柄はありますが、
流石にそこまで別パーツにすると・・・。
後は ヘッドライト内部の造形とドアミラーで一通り完成です。
ホイールもね~。

カーボン風塗装について時々ご質問をいただくのですが、
フィニッシャーズのカーボンブラックなんて物がお手軽ではありますが、
自分で調色してもそれ程手間ではありません。
フィニッシャーズの物は調色されたメタリックグレーですが、
意外と粒子が細かい物です。
好みにもよりますがもっと粒子感が出ているほうが、らしく見えるかな~?
と思われる方は ブラックにクレオスのMr COLOR 90 シャインシルバーを
適量混ぜてメタリックブラックを作ります。
ギラツキ感はお好みで調整してください、そこにホワイトを少しずつ加えて
メタリックグレーにします、くれぐれも入れすぎないように微調整しながらですよ。
後は塗る際には攪拌はしっかりとしてください、100%粒子が沈殿しています。

かんせいは近いぞ~!

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

自作チョロQ Mclaren P1 05

街路樹もようやく色付き始め、秋らしくなってきました。
徐々に見頃をむかえてくるのでしょう。

では早速 Mclaren P1 いってみよう~!
ボディーはそこそこ目処がついてきたところで、今度は具の製作も進めていきますよ。
18 19
ディテールを整えながら中を刳り貫いたサイド部分に、エポキシを押し込んで硬化を待ちます。
はみ出す部分はある程度整えておかないと、硬化後取り外す事が出来なくなりますので、
ココは要注意ポイント。
もちろん離型剤としてのメンソレータムを塗るのもお決まりです。
室温等にもよりますが大体2~3時間程度で硬化します(クレオスの場合)。
硬化の見極め!大抵少しあまってしまうのでそれに爪を立てると判断できます。
爪の跡がはっきりつくようではNGです、外す時に歪みます。
薄っすら付くかつかないかの状態ならまずOKなはず。
完全硬化前に大雑把に不要部分をカットしておくと後が楽です。
あとは削り過ぎないように様子を見ながら整形すればOK。
ちなみにサイド窓下のインテークも一緒のパーツで再現しています。
リアのメッシュ部分は別パーツも考えましたが、ぐるりとクリアーパーツで囲まれる部分なので
塗り分けも楽ちんな箇所ですから一体にしときます。

今回の別パーツ部分は今まで100台以上製作してきましたが、初めての手法です。
コストなど無視できる位売れるのであれば、全て別パーツのカラーレジンにする事も
可能なんですがね・・・手間と材料費の増加を考えるとまだ難しいな(;´д`)

まあそのあたりは今後の目標として、他のパーツも順番に造っていきますよ。

続く

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

自作チョロQ Mclaren P1 04

寒いぞ~11月中旬の気温らしい。
峠では雪も降っているみたい・・・(;;;´Д`)
もう冬も間近のようです、とは言うものの紅葉はまだ見頃を迎えていない状態。
この寒気で少しは進むのか?

そういえば気がついたらこのブログのカウンターは70万回っていました。
年間10万強のペースです、世の中の注目度の高いブログやらHPなら
1日数万から10万オーバーなんて事を聞くと足元にも及ばない数字です。
と~っても偏った部類に入る物の中ではそれなりなのかしら?とも思えたりもするのですが、
まだまだ努力が足りないのも事実でしょう。
皆様今後ともよろしくお付き合い下さいませ。

さてマクラーレン P1の続きです。
それなりに形になってきた所で、更にディティールを追加していきます。
12 13
穴を開けて窓周りのスジボリを入れると一気にそれらしく見えてきます。

でサイドのパネルは予定通り別パーツ化しますので刳り貫いてしまいます。
14 15
サイド窓下のインテークも一緒に開口して、一体で中の具を作ります。
ルーフのインテークも追加中~!
これからどんどん別パーツも製作を進めます。

最終的に何パーツになるかな~??

続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

自作チョロQ Mclaren P1 03

天気の良い時を狙って犬を公園に連れて行き走らせてあげています。
121004 121005 121011
それぞれバラバラ・・・各自それなりに楽しんでいるようです。
ちょいとはしゃぎすぎてアポロの爪が折れた(lll゚Д゚)
まあ当の本人(犬)は多少出血はあったものの痛がった様子も無いので
消毒しておけばOKでしょう(家の奥さんは毎度のように大騒ぎモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!)

では Mclaren P1の続きです。
07 08 09
徐々にですが特徴的なラインが見え始めています。
イメージが掴みにくいのでお口周りをえぐって、ディテールを書き込んで見ました。
10 11
でかすぎたキャビンを小さくしてバランスを調整しています。
もう一ひねり必要ですな・・・。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

自作チョロQ Mclaren P1 02

今年の秋は天候がコロコロと変わります。
本来秋はそういうものなのでしょうが、登別の秋は結構天気が良かったはず・・・。
朝晩はもう気温も一桁ですからね~紅葉も進みそうです。

さて次回作のお話
前ふりまでで終っていた次回作はタイトル通り マクラーレンP1!
マクラーレンF1に続く第2弾ですね。
MP4-12Cはあくまでも通常的?フェラーリで言うV8のような扱いであり、
フラッグシップはF1のラインと言う事なんですね。
でまだ市販のデザインではないのかもしれませんが、モーターショーで展示されていた
P1を立体化します。
コレがまた結構厄介そうな部分がありますね~。
02mclarenp1paris 06mclarenp1paris
マクラーレンのMを模したフロント、段オチしたサイドのパネル、
ボディーカラーのないリアエンド・・・。
正直マスキングで塗り分けるのはかなり厳しいデザインです・・・。
このあたりの表現をどうしようか考えながら全体のラインを整えています。
03 04
リューターでガリガリ削りだしていきます。
ある程度のところでサンドペーパーに切り替えて
05 06
なんとなくラインが出てきましたがまだまだ雰囲気が出ていない。
もう一ひねり必要です。

続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

イレギュラーなお仕事

急に寒くなり雪虫も飛び始めました・・・(lll゚Д゚)
半月前はまだ暑かったりもしたのですけどね~流石に10月は秋も深まってくると言う事ですな。
今日は寒くて少しだけストーブつけてしまいました、、流石に1時間もつけると暑くなってくるので
消してしまうのですが。
環境税のせいで灯油の値段も上がってるみたいですし、節約もしないとね~。

さてイレギュラーなお仕事と書きましたが一体何??
01
この白い箱がそのブツです。
中身は
02
タミヤのRed Bull RB6です。
11月30日発売になる新製品ですが、それのテストショットです。
昔は新製品のサンプルとして販売店に色々と配布されていましたが、
今は有料若しくは無しのいずれかですね。
今回はコレの店頭プロモ用の製作です。
聞く所によるとタミヤの社長?自らが各販売店行脚をしているらしいです。
何と言う力の入れようなんだろう・・・。

で中身ですが取説はコピー(゚m゚*)
デカールはカルトの物ですね
03
おそらく
問題はないでしょう(たぶん)
パーツ自体は整形色がグレー。
04
箱が小さいのかランナー4枚で結構ギュウギュウです。
05
光って見えにくいですが・・・。
あと他には
06
タイヤ エッチング クリアーパーツ メタルインレット シートベルトシール?
エッチングはシートベルトの金具部分のみにタイヤレターのステンシルが付いてます。

まだ手をつけていないのでなんとも言えない所ですが、
昔のF1と違うのでエンジンは見えない分さっぱりした感じですね。
カウルは取り外せる造りですが、開きながら被せる方式・・・。
程度にもよりますが、塗装が割れるほど変形するのであれば、
取り外しは断念か!?
まあやってみないと割らないってところですな。

がんばろうっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

さて次回作だが・・・。32

小林可夢偉 やってくれましたね~。
F1 Japan GP 3位入賞!
日本人2人目の表彰台、アグリの時とは違って予選から速かったのですからね
こりゃあマシンさえシーズン初期からそれなりに仕上がればかなり面白い事になるのでは。
ニュースの取り上げ枠はとっても短く、露出が少ないのが残念ですね。
2輪ならもっとダメか・・・。

さてさてFerrari F12は思いのほか好調?で完成品予定数量完売となりました。
ありがとうございました。
それではってことでお次のネタふりですが。

01 02
こんな物を・・・って解らない??
コレは完成すれば立体物として世界的にかなり速いリリースとなる予定。
今の所まだ無い物です(たぶん)
ん~もったいぶった前振りです。

車名はお次の機会にしますね~。
色々予想してみてください。

ではでは

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

自作チョロQ Ferrari F12 berlinetta 11 リリース開始!

Ferrari F12 berlinetta オクに4台出品いたしましたが、
赤系2台は即決終了となっております。
01
Ferrari のストラダーレは599GTO以来ですから結構間があいておりました。
反響はまずまずのようであります。
1日遅れましたが、
WEB SHOPにも並べました。

オークション利用の無い方は是非ご利用下さいませ。

一部欠品のありました車種も補充してあります。

今月は掘り起こしの車種もやっておこうかな~?なんて事も考えております。
LP400とかね~実はKITでまともに販売していない車種なんですね。
オークションで数台分販売したのみ・・・。
当然バージョン上げの作業がありますのでホイホイとは行かないのですがね。

今年も3ヶ月をきりましたのでちょっとペース上げるために廃盤商品のバージョン上げ
等を検討中です。

まずはF12オク終了までよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

自作チョロQ Ferrari F12 berlinetta 10 完成~!

ようやく晴れましたよ(◎´∀`)ノ
なんだろう そこはかとなくうれしいぞ。
日暮れが早くなってきたので犬の散歩の時間も早めました。
120905
車が殆ど通らない通りではアポロは単独歩行。
ビビリなので決して離れません(^-^;
ウランは相変わらずカートにのって景色を眺めてます。
で問題児のアクア・・・落ち着きが無く、携帯ののろいカメラでは上手く捉えられない。
120903
止まっている時に写すのがやっとです。
いつになったら落ち着くのやら・・・(;´д`)トホホ…

大変長らくお待たせいたしました。
Ferrari F12 berlinetta 完成しました~!
早速オクに完成品 KIT 出陣しております。
今回は
02
この5色です。
ブルメタは出品無ですが他4色出品しました。
ロッソ ホワイト以外は実は全てキャンディー塗装で
一手間かかっています、一応プライスにも差をつけさせております。
エアロブリッジも光沢が出るとよりいっそううねり具合がはっきりします。
フェラーリは色で遊べないのが少々寂しいです。
あまりおかしな色を塗ると結構トンチンカンな代物になりかねない。
シルバーかホワイトかで悩んでいたのですが、ホワイトのほうがらしいかな?
このうねうね具合は是非手にとって見ていただきたい1台です。
まずは終了までよろしくお願いいたします。

ロッソは即決で終了いたしました。
ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »