« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月28日 (木)

自作チョロQ Ferrari 312T & 330P4 Ver2 08

雪のチラつく日が多くなり、朝には薄っすら積もっている日もあります。
犬の散歩もままならない・・・本格的に運動不足の季節がやってきました。
そういえば今年は一度も釣りにも言っていない(ノ_-。)

330P4無事に終了しました。
オク以外での動きの方が賑やかでした( ゚д゚)
やはり現行車より旧車が好き!と言う方も確かに存在する訳で、
どちらも手がける私は手が回りきれていないと言うのを痛感しました。

なのにNEWジャンルのF1まで始めるのですからもう大変。
間が空きましたがFerrari312T再開です。
コチラもポツポツ問い合わせも出始めているアイテムです。
09 10 11
前回からそれ程変わって見えないのですが、微妙に修正を加えつつ
進めています。
もう少しBODYが進みましたら一時原型として複製してします。
カウル分割して中身を刳り貫く為です。
まだ未定ですが、最終的に312T2まで発展するかもしれません。
マクラーレンM23もブラバムBT46Bもやりたいしな~。
その辺は来年の課題って所です。

でボチボチ中身にも手をつけだそうかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

自作チョロQ Ferrari 312T & 330P4 Ver2 07

前回の続き。
330P4は2台が即落終了~。
KITも5台で出品していましたがコチラも終了。
追加は未定です、がWEB SHOPには投入済ですのでいつでも購入可能です。

オクに同時出品していた2台について補足です。
エレノア と ヴェネーノ
これらとは別に指定色にて御依頼品がありましたので、
予備として同時に進めていた分です。

エレノアは以前から考えていたフレアーパターン!!
アメ車には文句無くお似合いです。
本当であればブラシ塗装でグラデーションにしたい所ですが、
サイズ的にちょっと無理があります。
デカールだとグラデはアミアミのメッシュになってしまいますのでそれはNG。
インクジェットでもっと使いやすい物が造れるようになればいいのですけどね。
Lf Rr
Venenoは他のランボでも使っていたイエローゴールドをチョイス。
気分は百式( ´艸`)プププ
デカールで百と入れようかとも考えたのですが、
流石にやりすぎかな?
でも実車でもシャア専用オーリスもあった位ですからね~
やってみても良かったかな?
Lf_2 Rr_2

これらも終了まで宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

自作チョロQ Ferrari 312T & 330P4 Ver2 06

またまたサボリのブログ更新・・・。
330P4原型完成してから、型取り、複製、、デカール製作、完成品製作と
進めていました。
ようやく完成です!
今回の330P4はデカール3パターン。
以前は412Pも混ぜてしまっていましたが、厳密にはボディーの違いが数箇所ある為
今回はスルーしています。
いずれもルマンを走った車達!
01 02 03
集合写真はチョット影有の写真にしてみた。
写真センス・・・無いに等しい私ですが陰のある写真は昔から
好きでオクにも使っていましたが、少々反則気味な感じもするので
今は殆ど使っていません。
まあ あくまでもイメージって事で。
Lf Lr
以前の物と比べると全体的にシャープになったかな?
フロントウィンドウがフラットになったのが一番のポイントなのかもしれません。
でもでも 今回はリアの方が変化が大きい!
中はただの板?ですがクリアーパーツで奥行きも出て、
リアから覗くスペアタイヤがちょっとしたアクセントになっています。
意外と効果が大きかったのがファイアストーンのタイヤレター。
旧車らしくロゴだけではなくリボン付です。
苦労したトレッドパターンはそれ程目立ちませんが、
サイドウォールの丸みはいい感じです。

ココでKIT製作のワンポイント!
デカール貼る時はセッターでしっかり押さえて、ソフターで溶着する事!
透明部分は溶かしきるぐらいのつもりで数回に分けて塗布します。
完全に乾いたら、フラットクリアーを一度濡れ吹きしてコート、
空吹きして乾燥させて、今度は好みのテカリ具合になるように
ブラシを離し気味にフラットクリアーを吹いて完成~!

ソフターは色々ありますが私は何と言っても GSR剛力軟化剤!!
結構強力なので古いデカールは絶対NGですが、
溶着させるのにはもってこいのソフターです。
そのうちWEB SHOPにも並べようかなと思っとります(利益はゼロですが)

長くなったのでPart2へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

自作チョロQ Ferrari 312T & 330P4 Ver2 05

週の初めに降った雪は早々に溶けて、今日はしばらく振りに二桁の最高気温
あったかいな~。
お預けだったお散歩にも行けました。

今回は 330P4 です。
あらかた改修作業が終っていた330P4は表面処理へと進みました。
その間にタイヤをどうするか・・・。
60年代のマシンのタイヤ ファイヤーストーンのタイヤがメインだったのかな?
詳しい所は解りませんが、とりあえず330P4には大抵履かれていたと思います。
スリックではなく目のあるタイヤ、しかも結構細かい!
コレを手彫りするのはまず無理・・・3Dプリンターならいけるのか!?
そうは言っても貧乏メーカーにはそんな物を導入する余力は無い。
かといってスリックと言うのもな~。
何とかならんものかと無い知恵絞ってこさえたのがこれ
09_2
少々モールドも甘く、パターンも大雑把ではあるのですが
ツルツルよりかはまだましかな?
このサイズの場合あまり精密なつくりだとシリコンの型ももたなくなりそうなので
どの程度がベストになるか今後の課題です。
パターンの造り方はナイショ( ´艸`)プププ
色々想像してみてください。

ボディーのほうは
06_2 07_2 08_2
各部調整しディティールは殆どやり直しています。
リアの穴から覗くスペアタイヤはシャーシと一体にしていますので
タイヤの塗装も必要なし!
マフラーだけ白く塗ればOKです。
スペアータイヤにもしっかり?パターンは入れてありますよ。

いよいよ型取り 複製 完成品製作へと進みます。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

自作チョロQ Ferrari 312T & 330P4 Ver2 04

寒っ!と思っていたら、とうとう雪が降ってしまいました。
月曜の晩にはサラッと積もる程度でしたが、多い所では40cm以上も積もっていたとか・・・。
スキー場もOPENした所もありました。
いよいよって感じです。

さて 今回は312Tネタを
なかなかパッパと進まない、並行作業と言うのもありますが
やはり初物と言う事もあってまだまだ落し所を探りながらの作業と言うのが
一番の理由ですな。

06 07 08
カウル それ自体はどうにでもなるところですが
中身を考えると車軸の位置は何とかなるのかな?なんて事を
考えながら進めています。
フロントのトレッドもまた微妙な所。
どうしてもカウルに引っかかる部分が出てくるのでぎりぎりの
ラインを探している所です。
後一ひねりと言った所かな?
それが済めば一先ずカウルは置いといて、中身の製作に進みます。

どこまで再現できるやら・・・。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

自作チョロQ Ferrari 312T & 330P4 Ver2 03

寒さが一段と厳しくなってきましたよ~。
最高気温が一ケタ台・・・(||li`ω゚∞)
山の木々もすっかり葉が落ち秋色から完全に冬色に変わりました。

明日は雪の予報もあるのでとりあえずスマートだけはタイヤ交換しました。
ラグレイトは・・・いつやるかな?

で今回は330P4ネタで
03_3 04_3 05_3
相当変わりました。
可愛らしさ30%DOWN リアルさ30%UPってところです。
フロントウィンドウは以前あった丸みはなくなりました、
リアホイールアーチはタイヤに少し被るように下げ、
フェンダーの高さも下げています。
エンジンは載せませんが、ウィンドウはクリアーにして中のカバーが
見えるように。
リアから覗くスペアタイヤも再現します。
殆ど別物となったような気が・・・。

あと少々追加工作が残っていますのでそれをやってから表面処理へと進みます。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

自作チョロQ Ferrari 312T & 330P4 Ver2 02

さぁ~て いきなり 本題に突入。

タイトル通り F1は Ferrari 312T !
個人的にF1は現代のものより’70~’80年代あたりのマシンの方が好み。
なぜ!?詳しく考えた事は無かったが、
たぶんタイヤサイズが一番の要因なのかと・・・。
昔のマシンはフロントは小さくリアはデカくと、メリハリが付いていて
楔形が強調されているマシンが多かった。
色々なアイデアに溢れた時代だったのでしょう。
いつの頃からかどこのチームも同じような形になってしまった・・・。
今なんてホワイトボディーにしたら、マニア以外どこのマシンか解らないのでは?
と言っても嫌いって訳ではないのだが(^-^;

まあそんな昔のマシンでもフェラーリ ロータス マクラーレン タイレル ブラバムなんて
ところが候補に上がるのですが、まずはこれからってことで 312T。
細かい事を言うとキリがなくなるので前回の続きをば。
03 04 05
前回のパテ団子から進化しています。
実際の所ホイールベースを決まるまで相当時間がかかっていますが、
それは今回始まる前にある程度やっつけていましたので、
今回は微調整から。
モデル長を50mm程度に納めるためには・・・
ホイールベースは30数ミリって所になっています。
まずは外側を決めてから内側の作業に進む予定です。

続く


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

さて次回作だが・・・。41

秋も終わりに差し掛かってきたようです。
そろそろ平地でも初雪の声が聞こえてきそうです。

2013年度もカウントダウンが始まった感がありますが、
残りのネタをどうしようか・・・。
しばらく放置プレーの続いていたアレをやろうかなと。
01 02
見ての通りフォーミュラーカーです。
一体コレは何?
この段階だと近年の物でないのは解りますが、
まだ何かは解らない状態。
考えているのは 
サイズは大きくしない、ウィング等入れて他の物に合わせるのが基本
と言う事はボディーは結構小さめになる予定。
出来るかどうかはこれからだが、カウルの脱着が出来るようにして
簡易的ながら内部の再現も盛り込む。
頭の中の青写真は出来上がっているのですが、
はたしてどこまで盛り込めるのか?

あとはリメイクとしてこれも再販します。
01_2 02_2
Ferrari 330P4 
再販と言っても以前は極少数をオクで売ったのみのレアな車?
再販にあたり HG化すべく改修中です。
ディメンションこそ大幅に弄ってはいませんが、
抑揚のつけ方が昔と今では変わってきているため、
全体にわたり手を入れているところです。
リアのウィンドウはクリアーパーツにする予定ですが、
この車エンジンは見えないのが普通・・・。
かろうじてファンネルが見えるタイプもあり。
相当バリエーションの多い車なのでどこまでカバーできるか。
まずはコレからをお待ち下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »