« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月30日 (月)

自作チョロQ Ferrari 312T 15

いよいよ今年も終わりです。
Ferrari 312T 残念ながら年内リリースは断念しました。
楽しみにされていた方には申し訳ございません。

型取り 複製 完成品製作 と進めている所ですが、
今回はゼッケンは2タイプ #11 12 とし 5台製作しようかと・・・。
で 改めて準備してみると結構なボリュームに。

まずは ランナー状態
40
ちょっと 今までではありえない状態。
61パーツ
今回のこだわりの一つ
ブレーキダクトは当然クリアーパーツ整形です。
その他もろもろこだわりはありますが、文章で書くのは難しいところです。
完成品でもKITでも実際手にして見ていただければ、
伝わる部分も多いかと思うのですが・・・。

まだ確定ではありませんが
KITで 4200~4500円の間位かな?
完成品はおそらく25,000~30,000円あたりになるのではないかと考えております。
いずれもレギュラーラインからは外れてしまいますが、
このあたりがフォーミュラーのゾーンになってくるのか。
もっと簡易的なものを用意すべきか!?
難しい所です。

何はともあれ2014第1弾リリースは1月初旬!
もう少々お待ち下さいませ。

今年一年ありがとうございました。
来年は皆様にとっても良い年でありますように!
私も良い年になるべく全力で取り組んで生きたいと思います。

それでは皆様良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

自作チョロQ Ferrari 312T 14

今年も残りあとわずか・・・なんとか完成にこぎつけたい。

Ferrari 312T
今まで色々と制作してきましたが、今回のF1第1弾 Ferrari312Tは
造った本人が言うのもなんですが やりすぎ感満載の一台です。
これをスタンダードと言うのは無理があるかもしれません。
今後どうするかは未定ですがとりあえずSPとしてリリースする予定です。

フロント足回り ウィング等パーツを一通り用意しました。
35
あと2パーツ足りてませんが、これでほぼ全てのパーツが揃っています。
デカールまで含めて61パーツになる予定です。
シートベルトはシートと一体にしてあります、ここは塗り分け&デカールで再現します。
フロント足回りがスペース的にかなり厳しく、かなり省略せざるおえませんでしたが、
どうにか少ないパーツ数でまとめました。
仮組み状態
36 37 38
39
どうでしょう!
自分的にはまずまずのスタイルかな?なんて思っとるのですが、
どれだけの方に届くものか・・・。
完成品 KIT共に通常品の価格とはいかないと思いますが、
極力抑えた数字を提示できればと考えています。
まずは完成をお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

自作チョロQ Ferrari 312T 13

寒さも一段落。
雪もほとんどなく、いつも通りの登別です。

さてFerrari 312Tのその後・・・。
リア足回りがほぼ完成。
33 34
こう書くと簡単なんですけどね~。
ハイト合わせるのが結構大変なんですな・・・。
なんせバラバラな状態なもんで、うまく仮組みしながらタイヤをセットして
現物合わせで高さを決めています。
リアタイヤがデカイ分ギアボックス周辺でうまく収めないといけないのですが、
どうにかこうにか押し込めてあります。
リアサスも作っていますが、ここは極力パーツ数を抑えるのと組立易さを
考慮して左右一体にしています。
ここまで来るのに、何度も組んでバラしての繰り返しです。

あとはフロント足回りと前後ウィング、その他少々で
原型は完成しそうです。
年内完成間に合うか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

自作チョロQ Ferrari 312T 12

うっうっ 寒い(||li`ω゚∞)
全国的に寒波に見舞われているようです、東北から北は大雪の予報も・・・。
私のいる登別はおそらくそれほどでもないはずですが、
でも一日中プラス気温にならないのはやはり寒いです。

では早速 Ferrari 312T の続き
エンジン周りからリアサスペンションにかけての工作です。
28
うねうねとしたマフラー。
下回りだからタコ部分はオミットしうよかと考えたのですが、
リアから見える白いマフラーは良いアクセントになりそうなので、
エポキシとプラ棒でひねり出しました。
まあ なんとなくと言った程度ではありますが、OKとします。

お次にサス周りの工作ですが、ここは現物合わせで進めていきます。
29 30
全てがオーバースケールですが、複製 組立を考えると
それなりのサイズにしないと、余りにも強度の足りない物になりそうなので、
落としどころを見つけながら進めています。
ブレーキ周りもいい感じ!
(実はこれ作り直しています・・・はじめのは大きすぎてマフラーが収まらない
事に(ノω・、) )
でボディーと合体!!
31 32
んん~ 我ながら結構おバカな物を作っているな~。
パーツ数はおそらく全部で60前後になりそうです。
これをSPモデルとするのか F1スタンダードにするのかは微妙なところです。

続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

自作チョロQ Ferrari 312T 11

年末らしく忙しくなってきました、少々沈黙していた海外からのお問い合わせ
お取引もポツポツ動きが見えてきたのがちょっと嬉しい話。
なかなか積極的には進出できませんが、少しでも露出が増えてくれると
ありがたいところです。

さてFerrari 312Tの続きですが 
徐々に濃ゆい内容に差し掛かってきましたよ~。
26
カウル分割したところで、中身の位置が決まってきましたので、
具の制作。
コクピット周り。
ほとんど見えないのにペダル 消化器までパーツにしています。
シートベルトはまだ思案中・・・。
モールドにして一体化が無難なところなんですがどうしようかな。
中身ができたのでカウルに合わせてみます。
27
ハンドル メーターも造りました。
結構密度感あるコクピット周り。
どんどん進めていきますよ!

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

自作チョロQ Ferrari 312T 10

サボリブログ 2度目の更新。

サフ吹いて表面処理を済ませていたボディー。
一先ず 一時原型 出来ました。
16 17
コレを型取りして 複製するのですが、
その前にタイヤとホイールも造ってしまいます。
17_2
レジンの塊から削り出し。
フォミュラーのようにタイヤむき出しのマシンはタイヤ形状が重要なポイント!
コレはプラモの場合でも結構昔から言われ続けた所です。
特にリアタイヤの形状はそれらしく見えるように慎重に削っています。
リアホイールは超ディープホイールになっていますので、
これもそれらしく見えるように加工しています。
ココまで出来た所でようやく型取り 複製と進みます。

18 19
まずはこんな感じ!
余分な部分をリューターで削ります。
20_2 21
でカウルを分割したのがこれ
22
コクピット部分にも少々手を加えてしまっています。
少しは完成形のイメージが伝わってきたでしょうか?

どんどん進めていきますが、今回はココまで。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

自作チョロQ Ferrari 312T 09

サボりブログ・・・遅れての更新です。

寒さも一段落、一桁の気温にもようやく体がなじんできました。
泣いても笑っても今年最後の月、笑って終われるようになりたいものです。

今年は喪中なので年賀状でのご挨拶は無、
ブログではどうするかいまだ考え中(ブログぐらいは通常通りでも良いかなと?)

さて Ferrari 312T ですが
ボディがある程度進んだので中身にも着手し始めました。
12_2 13_3
12気筒のエンジン 全長の短いディフォルメに収める為
必然的にエンジンも短くなりますが、なかなか難しいサイズです。
エンジン本体約9mm ミッション部分あわせても18mm弱。
ここにリアの足回りも着くことを考えながら、位置決めをしなくてはいけないのですが、
とりあえずロアアームまで一体で造ってしまいます。
今回のF1モデルには車軸は入れない予定です。
エンジンの高さと、タイヤセンターの高さをあわせると、
少々無理が出てしまう事が予想されます。
あくまでもスタイル重視!
組みやすさも考慮しながらこれからのパーツ分割を考えてます。
それと
14_2 15
エンジンにつくロールバーとファンネル部も追加加工。
ロールバーはボディーの中に納まるように高さを見ています。
まだボディーの複製をとっていませんので外側から合わせています。
ファンネルは片側6本並べてそれっぽく見える程度の代物です。

実はこの間にボディーはサフ拭いている所ですが、
それは次回分で。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »