2014年10月16日 (木)

作業の合間に・・・ガンプラ ビルドバーニングガンダム!

いつもお世話になっている模型屋の店主に頼まれた物。
ガンプラのサンプル。
テストショットと違い発売の一週間程度前に届くバルク状態のKIT。
預かったのが遅かったので、発売日には間に合わなかったのですが、
とりあえずパパッと組んで塗装して仕上げました。
改造なしのお手軽仕上げ。
Dsc01299 Dsc01301
10月から始まったガンダム ビルドファイターズ トライの
ビルドバーニングガンダム
ん~改造しなくてもとっても出来の良いスタイル。
あまりけばけばしいのもアレなんで、ちょいと渋めのカラーで仕上げてます。
たまにはこんな仕事もやったりしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

TAMIYA Red Bull RB6 1/20 完成

一週間あけてしまいました・・・。
この所結構バタバタしております。
ちょっと押してしまいましたが、サンプルのRB6完成しました。
タミヤのF1はしばらく振りに組んでみましたが、
正直言って金型精度が高すぎでしょうといった感じです。
素組みでは完璧な組みあがりで、接着剤もいらないほど全てのパーツがビタビタ!
逆に言えば塗装の事は考慮されていないのかしら?
下準備として各部に余裕を持たせる作業が必要です。
結論から言うと、少々読み違えていた部分もあり組み立ての段階になって
泣きを見ました。
01 02 03
04 05 07
08 09
フロント周りはまだ調整もつけやすく楽ですが、
リアサス周りが完全にNG。
極力チリ合わせを行いましたが、時間が無く完全な状態にまではもっていっておりません。
リアカウルを乗せると結構無理のかかる部分があります。
今回は売りの一つであるFダクトを見せた状態にしたかったので、
外した状態で展示する方法にしてあります。

現代のF1はカーボン部分が各所にある為に、表現をどうするかが悩みどころ・・・。
場所によってパターンが違って見えます。
(資料があまりにも少なく実際の所は良く解りません)
メッシュパターンに塗装するにもサスアームのようなパーツであれば簡単ですが、
エンジン周り、ディフューザーのような部分は物理的に無理。
よって基本はデカールにて再現、サスアームはよりはっきりしたカーボンフィニッシュで再現。
雰囲気は良くなったと思うのだが、好みの分かれるところです。
いずれにしてもサスアームと接するカウル周りは初めに相当余裕を持たせておかないと
確実に組み付け時に干渉しそうです。

製作途中で気がついたのですがテストショットだったせいかと思いますが、
エッチングが2枚入っているはずの所1枚しか入っておらず、あれ??
こんなパーツ無いぞ!・・・
仕方が無いので自作して対応しました。
シャーシ裏のスキッドプレートの写真が1枚も見つけることが出来なかったので、
想像です。
木目は筆で表現してあります。

粗を探せばきりが無いかな~。
60点って所です。
現在は地元模型店 かたつむり ショーケースに鎮座しております。
発売日以降コレを売るかどうか考え中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

イレギュラーなお仕事

急に寒くなり雪虫も飛び始めました・・・(lll゚Д゚)
半月前はまだ暑かったりもしたのですけどね~流石に10月は秋も深まってくると言う事ですな。
今日は寒くて少しだけストーブつけてしまいました、、流石に1時間もつけると暑くなってくるので
消してしまうのですが。
環境税のせいで灯油の値段も上がってるみたいですし、節約もしないとね~。

さてイレギュラーなお仕事と書きましたが一体何??
01
この白い箱がそのブツです。
中身は
02
タミヤのRed Bull RB6です。
11月30日発売になる新製品ですが、それのテストショットです。
昔は新製品のサンプルとして販売店に色々と配布されていましたが、
今は有料若しくは無しのいずれかですね。
今回はコレの店頭プロモ用の製作です。
聞く所によるとタミヤの社長?自らが各販売店行脚をしているらしいです。
何と言う力の入れようなんだろう・・・。

で中身ですが取説はコピー(゚m゚*)
デカールはカルトの物ですね
03
おそらく
問題はないでしょう(たぶん)
パーツ自体は整形色がグレー。
04
箱が小さいのかランナー4枚で結構ギュウギュウです。
05
光って見えにくいですが・・・。
あと他には
06
タイヤ エッチング クリアーパーツ メタルインレット シートベルトシール?
エッチングはシートベルトの金具部分のみにタイヤレターのステンシルが付いてます。

まだ手をつけていないのでなんとも言えない所ですが、
昔のF1と違うのでエンジンは見えない分さっぱりした感じですね。
カウルは取り外せる造りですが、開きながら被せる方式・・・。
程度にもよりますが、塗装が割れるほど変形するのであれば、
取り外しは断念か!?
まあやってみないと割らないってところですな。

がんばろうっと。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年3月31日 (土)

トラファルガー・ローの潜水艦!

作業の合間にこさえてみました。
ワンピースのグランドシップコレクションです。
子供でも簡単に組み立てられますよ~と言うノリのKITです。
意外と帆船やらも気になるタイプでこの潜水艦の無茶なデザインもまあありでしょう。
白く塗ってはいけません、お○に見えてしまいそうです。

01 02 03
04 05
子供むけの物だけに合わせ目消しなどは考慮されていないのが難点。
金型の都合でディテールが流れてしまっていた前の左右の窓は削り落として、
レジンで複製した物を貼り付け。
サイドのランプは初めコレは何?と思ってしまえる代物でしたので、
中を刳り貫いてクリアープラ棒で透明部分を再現。
後はつなぎめ消しをして。
付属のシールでは段差がチョット・・・デカールを造り起こして貼り付けています。
甲板の木目塗装は4色塗り分。
全体はグラデーション塗装で仕上げて、最後にエイジング処理。
アニメっぽい仕上げもいいですが、雨だれ?などを若干つけて
くたびれた感じに仕上げてみました。
オクに出してみよう!ってことではたしてどうなる物やら・・・。
トラファルガー・ローの潜水艦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

自作チョロQ TOYOTA Celica LB Turbo 04

少々おかしな天候で2日続けて暖かい(´ρ`)
がしかしまた急激に冷え込むらしい予報が出ている・・・。

毎日あれこれと作業をしている訳ですが、ちょっと違う物もたまに手がけたりしとります。
まあ一種のプロモーション的な物なのですが、プラモデルの製作です。
基本は車ではありますが、何でもやります。
でコレが完成品(地元の模型店 ぬのや さんのショーケースに納まっています)
01_2 03
コレは子供に大人気の ダンボール戦機 に出てくるLBX イフリート!
子供がパチパチと組み立てやすいようによく考えられたKITです。
がしかし・・・塗装することは前提にされておらず、各部下準備が必要なのと
安全対策のために鋭角な部分は全て丸められています。
パッケージなどはかなりシャープなタッチで書かれているので、全て修正の必要があります。
なかなか手間のかかる物ではありますが、ALLグラデ塗装をしているので
それなりに存在感のある立体物に仕上がりました。
まあこんな物を実際見て、製作依頼に繋がれば万々歳なんですがね~。
今度はまた車でもこさえて持ち込んでおく事にします。

さてさてLBの続きですが
更にすすめてあります。
07 08
少しディティールを入れて座標を取りやすくしてみました。
多少微調整が必要ですがまずまずといった所。
写真では結構鼻が長いように見えますが、実際の所それ程でもありません。
このあたりのバランスが取っても微妙・・・少しずつ削りながらベストポイントを
探った結果が今の状態。
頭の中ではコレを削ればノーマルのボディーが登場する計算。
まあつるしのLBがどうなのか解らないので、製作の予定には入っていないんですがね。

続く

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

気になるシリーズ

半月前まで暑いとか言っていたのですが、2・3日前から急激に気温が下がり
物凄く寒い(;д;) 実際15度前後の気温なので冬と比べるまでも無いのだが
いきなり5度以上もの気温差は体感的に耐え難いものがあります。
今日今シーズン始めてストーブを焚いてみた・・・。

さてこれから年末に向けてまたまた気になる物が発売されてきます。

プラモデル マシーネンクリーガー 1/20 グローサーフント[ハセガワ]《予約商品12月発売》
マシーネンから初のインジェクションのグロさんです、
マシーネンらしくないチョット異色のメカですが、今まではガレキしかなかった物
ですので、コレはうれしいニュースです。
お次は

プラモデル クリエイターワークスシリーズ 1/72 スペースウルフSW-190(宇宙海賊キャプテンハーロック)[ハセガワ]《予約商品12月発売》
意表をついたハーロックの戦闘機がハセガワから発売
同じくハセガワから

プラモデル タマゴヒコーキ F-22 ラプター(完全新金型) 単品[ハセガワ]《予約商品11月発売》
完全新規のタマゴ ラプター!私は飛行機の人ではないので詳しい事は全く
解らないのだが、ステルス戦闘機は結構好きなんですね~。
タマゴシリーズももっとジャンジャン出てきても良さそうな物なんですけどね。
他にも色々ありますがキリが無いのでこの辺で・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

マテリアル・道具について

模型を趣味としている人も生業としている人も必ず何らかの道具、マテリアルを
駆使して完成に導く訳ですが、はたして何をどう使うのがベストなのか
非常に悩む所であります。
所詮道具は手の延長だから何でも同じ、要は腕!と言う人はこの先全く必要の無い
内容となってしまいますが、そこは考え方の違いであってどちらが正しいと言う事は
無いと思います。
私はというと同じ作業をするのであれば、より簡単により質が良くなる道具があるに越した事は
無い!
弘法筆を選ばずとは言いますが、工房道具を選びます( ´艸`)
先日チョイト書きましたがメッキシルバーですがクレオスから正式にアナウンスが
されました。

Mr.カラー スーパーメタリック メッキシルバー NEXT 容量:18ml[GSIクレオス]《予約商品07月発売》
ん~結果から言うとうれしい反面ちょっと残念。
どうして!?
以前発売されていた物は基本筆塗り用の塗料として発売されておりました。
その為成分がアルコール系なので専用の薄め液がセットになっておりエアーブラシの場合
それで希釈して塗装する物だったわけです。
ですが今回発売される物は初めから希釈済みのエアーブラシ専用品・・・(||li`ω゚∞)
って他にもあるし!!(色目がまだ解らないので何とも言えませんけどね)
どうせエアーブラシなら私としてはコチラがオススメ!

アートメタルコート AMC スーパーミラーII[TAKUMI]《発売済・取り寄せ品》
対費用効果が一番高い商品です。
まだまだ取扱店が少ないのが難点ではありますが、あみあみで扱ってくれるようになったので
入手しやすいと思います。
コレはプライスの他にクリアーがけが出来る!!!!!!
すばらしいヽ(´▽`)/他の物は一切の上塗りは推奨されておりませんが
ココの物には専用ではありますがクリアーも発売されております。
水性ウレタン塗料らしいのですが塗った感じからすると・・・ちょっと他のクリアーとは
感じが違うのでなれる為にも試し吹きはやっておいたほうが良いと思います。
で仕上がった物は
Lf
以前造ったインター君がそうです。
他のメッキシルバーだとココまでメッキ感が残らないのが普通です。
何より専用で売られているので、余計な事考えなくていいのがラクチンです。

あと1点だけ
スジ彫りは原型を造る人間にとっては避けて通れない物ですが、
一般の方にも必要な場合も多々あると思います。
私の場合完成品も造るので、逆算してそれなりにしっかりスジ彫りは入れます。
が 当然ですが世の中の物が全て同じ要に出来ている訳ではありません。
私の造る物にも当然ブレはありますし、造り手によっては極薄い筋の物もあります。
塗装方法によっては全てがつぶれてしまう可能性が高いのですが、
そんな時には下処理段階で彫りなおしが必要です。
インジェクションのプラモデルの場合でもクリアーを厚めに吹く場合は必須でしょう。
昨今流行の痛車の場合かなりクリアーは圧吹きにせざるおえない物ですので、
やっておいたほうが間違いないかと思います。
そんな時何を使うのがいいの?
色々売られている物の中で太さを選べるものとなるとそう多くはありません。
クレオスから売られている

GT-65E Mr.ラインチゼル用 替刃 0.5mm[GSIクレオス]《発売済・取り寄せ品》
このチゼル、精度も高くて悪くは無いのですが、少々コツを必要とするものです。
刃先を見ると解るのですが角度が微妙で鉛筆のように持つと歯が素材に食い込んで
しまい引けなくなってしまいます。
刃先がココまでツル首でない方が使いやすいと思うのですが・・・。
コレがいいという人もいますのでクセによるところが大きいのかもしれません。
そのあたりを考えると断然ココのBMCタガネの方が使い勝手も良く精度の高い
スジを比較的簡単に彫る事が出来ます。
決して1本が安い物ではありませんが、持っておいて損はしないと思います。
最近模型雑誌なんかでも製作記事にこのタガネの名前を見かけます。

ココでオススメな商品を一つ紹介しておくと
紫外線硬化型接着剤 UVクリアー ! クリアーパーツの接着に威力を発揮します。
無白化で硬化を自分でコントロール出来、はみ出しも簡単に除去できる
超スグレモノ。
車のウィンドウとかヘッドライトパーツの接着には欠かせません。
コレも実証済みの逸品です。

まだまだオススメの物があるのですが今回はココまで。
私は出来る範囲で新商品は自分で試すようにしています。
造り手として、又送り手として一つでも多く疑問には答えていけたらと思っております。
本当は自ら開発できれば良いのですが・・・。
何時になるか解りませんが  続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

気になるシリーズ

静岡ホビーショウも終わりましたが、今一つこれと言った物が無かったという話は
耳にしましたがどうなんでしょうね。
それでも私的には色々と気になる物があったりするのですが
中でもコレは以前から気になる1台


ダイキャスト・モデルカー(シグネチャーシリーズ) 1/18 ブガッティ タイプ57S アトランティック 1936(ブラック)[オートアート]《予約商品07月発売》
この何とも言えない形状はとっても惹かれるものがあります。
まるでウルトラマンのようなセンターのヒレ?
いいですな~。
現代には無い魅力に溢れています。

物作りをする中でいつかは本格的な帆船模型(木製)を組んでみたいと思うのですが、
プライスもさることながら、ノウハウが全く無いのでそこからスタートするとなると
なかなか敷居が高い。
手始めにこんなのがいいのでしょうか、

ドイツ・レベル プラモデル 1/450 Spanish Galleon(帆船)[ハセガワ]《予約商品08月発売》
サイズもプライスもお手ごろで材質はプラですので、塗装で頑張るってところでしょう。
シリーズで数点出ているようなので要検討・・・。

ディフォルメって所だとこのシリーズが

D-スタイル ゾイド デスザウラー プラスチックキット[コトブキヤ]《予約商品09月発売》
イングラムなんかもいいですがゾイドシリーズもなかなかいい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

気になるシリーズ

光回線で愚痴っておりましたが、あまりの遅さに耐え切れずNTTに問い合わせてみました。
回線のチェックをしてみた所、差込口のロックが不十分な箇所がありました。
しっかり差し込んでロックを確実にした所そこそこまともになりました。
配線工事に来た業者が中途半端な作業で終らせていたのが原因だったとは・・・。
それでも劇的にスピードが上がったようには感じられないのですが、所詮こんなもんなんでしょう。

暫く振りに気になるシリ~ズ!
今回は

ドイツ・レベル プラモデル 1/24 アウディ A4 DTM ’09 T.シャイダー[ハセガワ]《仮予約商品03月発売》

ドイツ・レベル プラモデル 1/24 アウディ A4 DTM ’09 T.クリステンセン[ハセガワ]《仮予約商品03月発売》
流石は自国のレース車両って感じです。
DTMの下品なまでのドハデなエアロって好きだな~。
ドイツレベルってハセガワが扱っているんですが、車や飛行機などのスケール物
はこれからも普通に入ってくるみたいですが、
スターウォーズ系は輸入をやめるらしい・・・本当なのだろうか?
ファインモールドも頑張って出してくれているが、いかんせん数に限りがあります。
結構甘い造りのスナップKITがメインではありましたが、中には結構いい感じの物も
あったのですけどね~。
残念な事です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

気になるシリーズ

パトレイバーのイングラムから始まったこのシリーズ
お次は

D-スタイル 超獣機神ダンクーガ プラスチックキット[コトブキヤ]《予約商品04月発売》
ダンクーガですか~スパロボ系って詳しくないのですが、この手の合体系は
コンバトラーVからの流れを汲むシリーズですな。
最近ではあまり見かけなくなったような気が・・・。

モスラ成虫なんて物まで出てきたこやつらですがお次は

特撮リボルテック No.023 ガイガン 映画『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』より[海洋堂]《予約商品02月発売》
ガイガンだ~!!
悪そうな目つきがよかですな~。
同時にプレデターも出ますね。

ゴジラは出ないのかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧